合計3,980円以上で送料無料!更に代引き手数料も無料。 ヤザワ 電球 ホワイト[E17/電球色/1個/ナツメ球形] T201720W

合計3,980円以上で送料無料!更に代引き手数料も無料。 ヤザワ 電球 ホワイト[E17/電球色/1個/ナツメ球形] T201720W

103円

合計3,980円以上で送料無料!更に代引き手数料も無料。 ヤザワ 電球 ホワイト[E17/電球色/1個/ナツメ球形] T201720W

合計3,980円以上で送料無料!更に代引き手数料も無料。 ヤザワ 電球 ホワイト[E17/電球色/1個/ナツメ球形] T201720W:私たちの目標はショッピングをシンプルにすることです。そのため、検索を絞り込み、購入者の反省を避けるために、常に更新されるトップピックリスト、購入ガイド、インタラクティブな商品検索機能を提供しています。 【国内正規品】,【数量は多】,新作からsaleアイテム等お得な商品満載合計3,980円以上で送料無料!更に代引き手数料も無料。 ヤザワ 電球 ホワイト[E17/電球色/1個/ナツメ球形] T201720W

2022年2月24日 (木曜日)

スリー・サウンズのアレンジの妙






【商品解説】
●長寿命に設計された電球です。常夜灯や電飾に最適です。
【スペック】
●型式:T201720W(T201720W(ホワイ)
●JANコード:4966307306206
本体サイズ(高さ×幅×奥行):48×φ20(全長×外径)、本体重量:8g、定格消費電力:20W、電球の色:電球色、仕様1:φ20×H48mm

この商品は宅配便(佐川急便)でお届けする商品です出荷可能日から最短日時でお届けします。※出荷完了次第メールをお送りします。
配送サービス提供エリアを調べることができます

「エリア検索」をクリックして、表示された画面にお届け先の郵便番号7桁を入力してください。

ご購入可能エリア検索詳細を見る

お買い上げ合計3,980円以上で送料無料となります。
※3,980円未満の場合は、一律550円(税込)となります。

●出荷可能日から最短日時でお届けします。(日時指定は出来ません。)
 ※お届け時に不在だった場合は、「ご不在連絡票」が投函されます。
 「ご不在連絡票」に記載された佐川急便の連絡先へ、再配達のご依頼をお願いいたします。
●お届けは玄関先までとなります。
●宅配便でお届けする商品をご購入の場合、不用品リサイクル回収はお受けしておりません。
●全て揃い次第の出荷となりますので、2種類以上、または2個以上でのご注文の場合、出荷が遅れる場合があります。

詳細詳細
僕がジャズを聴き始めた頃、今を去ること40数年前になるのだが、その頃から、ブルーノートの企画型ピアノ・トリオ「The Three Sounds(スリー・サウンド)」の人気はイマイチだった。理由はいろいろあったらしいが、僕が記憶しているのは、レーベルが作った企画型のトリオだから、ブルーノートのドル箱トリオで商業主義のコマーシャルなトリオだから、スタンダード曲ばかり演奏していてオリジナリティーが無い、...

» 続きを読む

2022年2月23日 (水曜日)

TRIXの「アニソン」カヴァー盤

以前から思うんだが、1970年代以降のポップス曲などで、ジャズの新しいスタンダード曲になるものが、なかなか出てこない。ジャズやフュージョンでカヴァーはされるんだが、アレンジがチープで、それ軽音楽やん、ってツッコミたくなるような、平凡な演奏が多くて、そのまま21世紀に突入してはや20年。 AABAの形式ソングが、ジャズ・スタンダードになり易いかと思うんだが、確かに、1970年代以降のJポップの曲は、...

» 続きを読む

2022年2月22日 (火曜日)

神保彰のユニークなドラムソロ盤

我が国のフュージョン・ジャズにおける、伝説的ドラマー神保彰。今までは「ファンク、そしてラテン」がメインの音世界。が、今回は新志向であるAORフィーリングなアルバム『SORA』(昨日ご紹介)と、もう一枚、前作の『30 TOKYO Yellow』からの新志向、ドラムソロにフォーカスしたアルバムを同時リリースしている。 神保彰『アメアガリ』(写真左)。2021年12月のリリース。このアルバムは、ドラムは...

» 続きを読む

2022年2月21日 (月曜日)

神保彰『SORA』を聴いて思う

我がバーチャル音楽喫茶『松和』は、メインストリームな純ジャズのみならず、フュージョン・ジャズも結構聴く。特に、フュージョン・ジャズについては、僕が本格的にジャズを聴き始めた1970年代後半は、フュージョン・ジャズ全盛期。純ジャズの名盤を集めつつ聴きながら、フュージョン・ジャズ盤は、軍資金が底を突かないよう貸レコードを活用して、積極的に聴いていた。 ちなみに1970年代後半は、ロックの世界では、我が...

» 続きを読む

2022年2月20日 (日曜日)

サッチモのディズニー・ソング集

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong・愛称「サッチモ」)に関連するトリビュート盤を聴きながら、サッチモの盤で、今まで一番聴いてきた盤ってどれかな、と考え始めた。『Ella and Louis』(1956年)か、いや『Louis Armstrong Plays W.C. Handy』(1954年)もよく聴いた。しかし、一番よく聴いたのは、この盤だろう。 Louis Armstron...

» 続きを読む

2022年2月19日 (土曜日)

ジャズ喫茶で流したい・228

ブルーノートの4100番台は、1961年からスタート。時代は、ハードバップが成熟し、大衆性と芸術性、2つの志向に枝分かれしつつあった時代。大衆性という面では、ファンキー・ジャズやソウル・ジャズ、芸術性という面では、モード・ジャズ、フリー・ジャズなどが代表例だろう。いわゆる「ジャズの多様化」が本格化した時期である。 Donald Byrd『Royal Flush』(写真左)。1961年9月21日の録...

» 続きを読む

2022年2月18日 (金曜日)

☆ミキハウス(ベビー)☆ [mikihouse][ミキハウス]【箱入】フォトフレーム付き身長計内學院院訓釋(1巻)【あす楽】 【50%OFF】メガネストラップ レディース メガネチェーン メガネ紐 アクセサリー ストリート ヒップホップ hiphop アクセサリー 韓国ファッション 女性 韓国アクセサリー おしゃれ かわいい かっこいい【送料無料】ドッググルーマーインターナショナル ドイツ黒毛オイルブラシ 106とら豆 北海道産 【乾物】北海道産 とら豆100g *手選別*ボダム フレンチプレスコーヒーメーカー 1932-16 シャンボールNIUBEE アクリルフォトフレーム 写真立て A5判 スタンドタイプ 透明 写真フレーム 卓上展示ピクチャー、ポスター、絵画、賞状 148x21エレコム エレコム コンセントキャップ ホコリ防止 難燃性樹脂 ウサギ ピンク T-CAPKAKU2 敬老の日
大地を突き抜けるブラックイーグル 黒鷲【ゴルフクラブ】【クラブセット】【ゴルフセット】 ワールドイーグル 5Z-BLACK メンズゴルフクラブ14点フルセット 4色から選べるバッグ!右用OWL 掛矢金輪入 150 (707119)【ソーラーパネル+ポータブル電源】120W出力 ソーラーパネル +ポータブル電源 42000mAh 120W 折りたたみ コンパクト 軽量 ソーラー アウトドア キャンプ 災害 停電 非常用電源 | セット 太陽光パネル 太陽光発電 車中泊 ソーラー 蓄電池 大容量 アウトドアグッズ産後向けのU字型クッション。 ハクゾウメディカル ママらくfitU クッション ネイビー 2590130 【送料無料】(クッション、まくら、寝具)[ Liquid Force ] リキッドフォース DIVA CGA VEST ディーバCGAウィメンズベスト [BLACK/PURPLE] [ウエイクボード用レディースライフジャケット]前髪エクステ 前髪 PRISILA 結婚式 成人式 パーティー コスプレ コス ワンタッチ ウィック ウイック ウイッグ エクステンション 【最大20倍ポイントUP中】プリシラ 前髪ウィッグ【ぱっつんシャギーちゃん】FX-06耐熱 (メール便送料無料)子供から大人まで姿勢が正せる ニーリングチェア バランスチェア 布張り ホーム 家具 勉強Purola(プローラ)/敏感肌用スキンケア/低刺激/ユースキン/しその葉エキス配合。ノンケミカルの低刺激性日焼け止め。 プローラUVクリーム 30g(SPF48・PA+++) メール便送料無料

「現代のサッチモ」が息づく盤

時々、スイング・ジャズ等のオールド・スタイルのジャズが聴きたくなる。今回の切っ掛けは、NHKの朝の連ドラ『カムカムエヴリバディ』。昭和・平成・令和の3時代を、ラジオ英語講座と共に生きた母娘孫3世代のヒロインの一世紀におよぶ家族物語を描くドラマ。このドラマにジャズが出てくるのだ。 ルイ・アームストロング(愛称「サッチモ」)の「On the Sunny Side of the Street」がたびたび...

» 続きを読む

2022年2月17日 (木曜日)

スミスの「ウォーラー愛奏曲集」

ジミー・スミスのオルガンは、初期の頃は「プログレッシヴでアグレッシヴ」。これでもか、と言わんばかりに、鋭角な、攻撃的なフレーズを圧倒的なテクニックをもって弾きまくっていた。しかし、1960年代に入る頃から、弾きっぷりにも余裕が出てきて、歌心を重視した「聴かせる」オルガンがとても素敵だった。 『Jimmy Smith Plays Fats Waller』(写真左)。1962年1月23日の録音。ブルー...

» 続きを読む

2022年2月16日 (水曜日)

バップなガーランドの魅力。

レッド・ガーランドのピアノは「右手はコロコロと唄う様な繊細なシングルトーン、左手は合いの手を入れるが如く、タイミングが絶妙のブロックコード」。マイルスのバンドに入った時に「アーマッド・ジャマルの様に弾け」とマイルスに言われる。その結果が、前述のガーランドのピアノの個性なんだが、これって、マイルス仕様のガーランドでは無いかと最近思うのだ。 Red Garland『Bright and Breezy』...

» 続きを読む

2022年2月15日 (火曜日)

ガッド・バンドの来日ライヴ盤

フュージョン・ジャズの話題を。フュージョン・ジャズにおける「ナンバーワン」ドラマーは、圧倒的に「Steve Gadd(スティーヴ・ガッド)」だと思うのだ。縦ノリのスインギーな8ビート・ドラミング。小気味の良い、印象的なオフビート。しなやかに伸びるリズム&ビート。 緩急自在、速いフレーズには手数の多い高速ドラミング、ゆったりとしたフレーズには間を活かしたシンプルなドラミング。縦ノリのスイング感は、一...

» 続きを読む

2022年2月14日 (月曜日)

初来日のジャズMの未発表音源

Art Blakey & The Jazz Messengers(アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ)の音が好きだ。バンドの活動が好調な時代も停滞した時代も、ハードバップの良いところが詰まっている。リーダーのアート・ブレイキーのスカウト力の賜なんだろうが、常にその時代時代毎の良いメンバーが集まっていて、ジャズ・メッセンジャーズならではの音が詰まっている。 Art Blakey &...

» 続きを読む

2022年2月13日 (日曜日)

硬派グリーンのポップな異色盤

グラント・グリーン(Grant Green)は、パッキパキな一本弾きファンキー・ギタリスト。そのブルージーかつジャジーなファンキー・ギターは唯一無二なもので、振り返って聴くにつけ、実にジャズらしいギターだなあ、と感心する。しかし、グリーンの現役当時は、あまりウケなかったみたいで、ブルーノートの売り上げに貢献した、という話は聞いたことが無い。 Grant Green 『Sunday Mornin'』...

» 続きを読む

2022年2月12日 (土曜日)

往年のメセニーが戻ってきた。

久し振りに、パット・メセニーらしいパフォーマンスに出会った気がした。メセニーの新たな取り組みである「Side-Eye プロジェクト」。これは、メセニーが選んだ新進気鋭のジャズマンを招聘、新たなアレンジの過去の楽曲や新メンバーのための新曲を演奏するというもの。このところ、メセニーのパフォーマンスは「頭でっかち」な、人工的な演奏が多かっただけに、この「SIDE EYE プロジェクト」には心が躍った。 ...

» 続きを読む

2022年2月11日 (金曜日)

レッド・ガーランドの遺作です

僕が所有したジャズ盤の中には、LP時代、購入資金が足りなくて、貸レコードでカセットにダビングして聴いていたものもある。そんな「カセット・ダビング盤」の中には、カセットデッキが壊れて、その盤は聴けなくなって、CDでもリイシューされないという、悲劇的なアルバムもある。 Red Garland『Misty Red』(写真)。1982年4月14,15日の録音。ちなみにパーソネルは、Red Garland ...

» 続きを読む

2022年2月10日 (木曜日)

ケベックの渋い渋いテナーに浸る

ブルーノート・レーベルはジャズの老舗レーベル。モダン・ジャズの歴史と共に運用してきたレーベルで、ブルーノートのアルバムを押さえるだけでジャズの歴史が判る、と言われるくらいの「ジャズのショーケース」の様なアルバムの品揃えである。そんなレーベルである、様々な「逸話」にはことかかない。 アイク・ケベック(Ike Quebec)は、とっても渋いテナーマン。スウィング時代にサックス奏者として活動を始め、テナ...

» 続きを読む

«ボブ・ジェームスの最新ライヴ盤

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

カテゴリー

合計3,980円以上で送料無料!更に代引き手数料も無料。 ヤザワ 電球 ホワイト[E17/電球色/1個/ナツメ球形] T201720W

合計3,980円以上で送料無料!更に代引き手数料も無料。 ヤザワ 電球 ホワイト[E17/電球色/1個/ナツメ球形] T201720W:私たちの目標はショッピングをシンプルにすることです。そのため、検索を絞り込み、購入者の反省を避けるために、常に更新されるトップピックリスト、購入ガイド、インタラクティブな商品検索機能を提供しています。 【国内正規品】,【数量は多】,新作からsaleアイテム等お得な商品満載合計3,980円以上で送料無料!更に代引き手数料も無料。 ヤザワ 電球 ホワイト[E17/電球色/1個/ナツメ球形] T201720W